柴垣邸

■ 柴垣邸
柴垣家は元禄時代から続いており、当主は9代目にあたる。庄屋弥兵衛とも呼ばれ、戦前(祖父の代まで)は財力があり、堅実な暮らしを目指されていたが、戦後農地改革により一変。
専業農家として、梨、養鶏、アスパラガス等田畑に根ざした生活を営まれてきた。
母屋は大正初期、はなれは明治初期に建築。周囲の土壁や門構えは元禄時代の原形を保ち、家のまわりの自然と調和がとれてとても美しい家である。
母屋を昭和初期に改築されたとの事だが、どの部屋から見ても家の中全体の調和がとれていて、かえようが無いくらい現代の生活にマッチしている。
今も昔のままの生活をしているとおっしゃっているが、物を大事に大切に扱ってこられた様子が家の随所から伝わってくる。 「但馬学99年1月例会より」
a0072950_816659.jpg
a0072950_8161612.jpg
a0072950_81626100.jpg
a0072950_8163779.jpg
a0072950_8165016.jpg
a0072950_817464.jpg

[PR]
by venex4 | 2006-10-15 09:57 | ■ 柴垣邸
<< ■ 佐中千年家(進藤邸) ■ 平尾源太夫邸 >>